カードローンとキャッシング機能では金利や返済方法、利用限度額などに違いがあります。

カードローン

 

カードローンは最近流行しているサービスで、もともとは借入専用カードによるキャッシングサービスが始まりでした。
最近のカードローンは多様化していて、主に一度申込をすれば限度額の範囲内で借入と返済を自由に繰り返し行える貸付サービスの総称になっています。

 

機能的にはクレジットカードのキャッシング機能もカードローンと同じなのですが、クレジットカードだけはカードローンのカテゴリーに分類されていません。

 

カードローンの種類

 

  • カードローン専用カード
  • カードレスタイプのカードローン
  • キャッシュカード一体型

 

主に上記の3種類があります。
1番のメインはカードローン専用カードで銀行系カードローンの半数以上は専用カードの発行をしています。
銀行系カードローンを中心にカードレスタイプやキャッシュカード一体型タイプを導入したことでカードローンの定義は曖昧になりました。

 

クレジットカードのキャッシング機能と区別する理由

 

カードローンはクレジットカードのキャッシング機能から派生した商品です。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用枠が定められています。
カードローンはクレジットカードからショッピング機能を差し引いてキャッシングだけに特化した専用カードの発行から登場しました。

 

カードローンのカテゴリーが誕生したのはクレジットカードのショッピング枠と区別する目的のあった歴史が関係しています。
当時専用カードを使うことが定義でしたが、その後の普及とカードレス、キャッシュカード一体型の登場でカードローンの定義は難しくなりました。

 

カードローンとは

 

クレジットカードと小銭とお札

ニコニコクレジットの派生サービスでもあった女性専用ローンのアイリスをはじめ、丸和商事でも扱っていた歴史があります。
丸和商事の事業を引き継いだスルガ銀行のダイレクトワンについては、現在個人向けサービスはカードローン中心になっています。

 

カードローンは、冒頭で紹介している通り限度額の中で借入と返済を自由にできる商品です。
大手のサービスはコンビニATMと提携していて、お金が必要になったらいつでも追加融資を受けられる利便性が最大の特徴です。
返済は約定返済で毎月自動引き落としになるほか、借入額に応じて任意の金額で随時一部繰り上げ返済、一括返済をできる仕組みです。

 

従来のフリーキャッシングは貸付をする度に申込、審査、契約の手間が必要でした。
カードローンは発行済のカードがあって、返済遅延などの問題さえなければ限度額の範囲内でその先もずっと使い続けられます。
クレジットカードと同じで一度発行してしまえば、仕事をやめたり転職して収入に変化があっても利用できます。

 

クレジットカードのキャッシング機能は、あくまでもオマケ扱いなので一般的には限度額は30万円で利用した分はショッピング枠と合算される内枠タイプです。

 

カードローンは貸付に特化したサービスなので審査次第では数百万円以上の貸付に対応できます。
銀行系カードローンでは低金利やコンビニATM手数料無料などのサービスを行い差別化をしています。