キャッシングサービスの使い道は自由なので、さまざまな用途に使うことが出来ます。

キャッシングサービスとは?

 

キャッシングサービスは一部で特定の定義に制限する動きもありますが、基本的には現金の貸付をするもので資金用途は自由です。
ローン商品の場合は車を買ったら販売店、住宅ローンなら不動産業者や売主に直接お金が振り込まれます。
キャッシングサービスは申込をした人に現金で融資(貸付)をする総称です。
現金融資の中でも、一般的には無担保、無保証で貸付をするフリーキャッシング(使途自由)を指すことが多いです。

 

主な種類

 

ニコニコクレジットなどの行う消費者金融のキャッシング(フリーキャッシング)のほかにも、以下のサービスはキャッシングに分類されます。

 

  • クレジットカードのキャッシング機能
  • カードローン
  • 銀行のフリーローン
  • 信販会社のフリーローン、フリーキャッシング

 

複数のクレジットカードを持つ手

一部では、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能のようにATMからいつでも借入できるものをキャッシングサービスの定義にする動きもあります。
近年は、借入の都度契約をするフリーキャッシングとクレジットカードのキャッシングについてをキャッシング、カードローンだけは限度額の範囲内で何度も借入と返済を繰り返せる通常のキャッシングとの違いから、キャッシングのカテゴリーではないとする動きもあります。

 

少し分かりにくですが、カードローンだけはキャッシングから独立したカテゴリーとして扱われているイメージです。
ちなみに、キャッシングの由来は現金融資ですが、最近ではネット申込できるキャッシングサービスも増えて銀行振込によるキャッシングサービスも増えています。
振込でもお金による融資であればキャッシングサービスに分類されます。

 

理屈的にはクレジットカード現金化や質屋も現金で資金調達できるので、同じカテゴリーに分類されるべきですが、質屋は無担保ではない意味で質屋は定義からもれます。
クレジットカード現金化も商品に対してキャッシュバックや買取で現金を支払っているのでキャッシングとは違う扱いになります。

 

もっとも定着しているのクレジットカードのキャッシング機能

 

単純にキャッシングというワードだけだと、クレジットカードのキャッシング機能を想像する人が多いです。
機能の名称になっていることに加えて、ショッピングとキャッシングで2つの機能を併せ持っていることが要因になっています。
現金を資金調達する際の一番馴染みの深い呼ばれ方をご覧ください。

 

  • 消費者金融 → 消費者金融
  • 銀行系フリーローン → 銀行融資(銀行から借りる)
  • カードローン → カードローン
  • フリーローン → ローン

 

どれもそのままなのですが、クレジットカードだけはメインはショッピング機能で現金を借入することはできません。
分割払いは対応できるのですが、現金借入を目的にした利用(俗に言うクレジットカード現金化)は禁止されています。

 

そこで、クレジットカードの場合は区別をするためにキャッシング機能を使うときはクレジットカードのワードを省略してキャッシングと呼ぶことが定着しています。